うつ病は早期発見と早期治療が大切な病気ですので、予兆を見逃さないでください。

うつ病治療と自己回復力

昔から病は気からという言葉があるように、精神的な状況が身体に及ぼす影響は大きいです。気持ちが塞ぎ込む、元気が出ない、何をするのも億劫だと感じることは、典型的なうつ病の症状ですが、それだけみると誰にでもよくあることかも知れません。

現代は価値観が多様化し人間関係も複雑になり、仕事においても厳しく成果が求められる状況です。日々緊張を強いられ、極度の疲労感に襲われることもあります。人間生きていれば、さまざまな困難や解決不能な出来事に遭遇することは避けられないですが、そのようなことに正面から向き合うには、大きなエネルギーが必要です。人にはそれぞれ備わっているエネルギーがあり、それを適切に使うことで困難な状況に向き合うことができ、自己回復力を使って、自然治癒されています。

しかし、時間が経過しても元気になれない、不快な出来事に気持ちが塞ぎ込む、食欲がないなど、日常生活を送るのが困難な場合には、うつ病の診断に基づき、適切な治療が必要となります。うつ病の原因はさまざまですので、誰でも罹患する可能性はあります。本人の性格的な傾向や精神に与えたダメージの大きさなどで、その深刻度はバラバラです。

食欲がない、眠れないなどの状況が長期化した場合は、できるだけ速やかに専門医の治療を受け、自己回復力を高め、元気な生活を取り戻しましょう。